2006年08月06日

首都高沿いは住環境に適さない!

首都高の橋脚エリアは、太鼓の練習にはもってこい。
いくら大きな騒音を発しても、誰れからも文句がでない。
逆にいえば、交通騒音が大きすぎて、住環境には適さないということ。

太鼓.jpg



------------
本日の写真、うまく撮れている(あるいは、マアマアかな)と感じた方は、クリックを!
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■テーマ別記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

マンションか、一戸建てか

マンションか、一戸建てか
マンションか、一戸建てか、悩ましい問題だと思います。
posted by 管理人 at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ■テーマ別記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

マンションは増築ができない!

間口と奥行き
マンションは増築ができない(間口と奥行きは、変更できない)ので、
間取りを決めるときには、これからのライフステージをイメージして、慎重に選ぶ必要がある。
posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■テーマ別記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

断熱補強が施されているか?

断熱補強

戸境壁に断熱補強(=断熱折り返し)が施されていないと、結露で壁クロスに黒カビが発生する恐れがある。
写真のように、窓から50cmくらい入った位置に段差があれば、断熱補強が施されている証。
posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■テーマ別記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

機械式駐車場

機械式駐車場

マンション敷地の北側に配置された、圧倒的な存在感のある機械式駐車場。

機械式駐車場は、平面式や立体自走式駐車上に比べて維持管理費が高いことと、老朽化した場合(法定耐用年数が15年)の建て替え問題など、入居者にとって最悪の駐車場システムといえる。

しかも、車の出し入れに時間がかかるから、雨の日に傘を差したままイライラするなど、使い勝ってもよろしくない。

また、駐車装置を作動中に小さな子がパレットに挟まれないような、安全面での対応に注意を要する。

このように利用者にとって、最悪の機械式駐車場がなぜ普及しているのか―。

狭い敷地でも駐車台数を稼げることと、屋根が付いていないから建築基準法の適用を受けない(=延べ床面積に算入されない)という、マンション・デベロッパーにとって、最適な駐車場システムだからだ。

つまり、機械式駐車場は、マンション・デベロッパーにとって、とても経済合理性の高い(マンション住民の後年度負担の大きい)システムといえる。

財団法人駐車場整備機構の資料によれば、駐車場のタイプ別の建設コスト、維持管理費の目安は、次のとおり。

- 平面自走式:建設コスト(10万円/台〜50万円/台)、月あたり維持管理費(1,000円/台以内)

- 立体自走式:建設コスト(70万円/台〜350万円/台)、月あたり維持管理費(1,000円/台以内)

- 機械式(2段・多段):建設コスト(100万円/台〜250万円/台)、月あたり維持管理費(2,000円/台〜4,000円/台)

トイレ口コミ情報
posted by 管理人 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ■テーマ別記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。